視力の悪化による生活上の障害!セルフサービスのお店が苦手です。

私は、とても目が悪いです。小さいころはそれほど悪いわけではなかったのですが、小学生のときに、テレビを近くで見すぎたことが原因のようで、急に視力が低下しました。

昔は、視力が1.5あったのですが、だんだんと視力が低下し、最終的には0.03になってしまいました。視力がこれだけ低下してしまうと、生活の中で困ることがたくさん出てきます。

まず、朝起きたときに、メガネをかけないと時計が見えません。目覚まし時計に顔を近づけ、やっと時間が見えるので、遅刻をしていてもすぐには気がつきません。

また、メガネのレンズがどんどんと分厚くなってきてしまい、メガネを新調するときにも、フレームはそれほど値段がかからなくても、レンズ代が物凄く高くなってしまいます。

また、普段はコンタクトレンズをしているのですが、メガネをしているときには、目がとても小さく見えてしまいます。

見た目が悪く、コンタクトレンズをしていないと、外出するのもなんだか億劫になってしまいます。

 

そして、私は、目が見えにくいということから、セルフサービスのお店がとても苦手です。どういうことかというと、メニューが見えないために、椅子に座ってからゆっくりとメニューを決められない、ファーストフードやコーヒーショップなどでは、あらかじめ何を頼むか決めていないと、すぐにはメニューが分からないのです。

目が見えにくいということだけで、生活の中でなんだか自信がなくなってしまうことが多くあります。

目が疲れないようにしたいのですが、仕事でもパソコンを一日中見ていますし、なかなか、視力改善をすることができません。

そこで今試しているのが目の疲れを緩和するサプリです。スマホえんきんというスマホ老眼のためのサプリで、カロリミットでも有名なファンケルから発売されている商品です。

視力が良くなるとまでは期待していませんが、せめて目の疲れだけでも取れれば少なくともさらなる悪化はある程度予防できるのではなかと思っています。とりあえず続けてみて様子をみていきたいと思います。

コメントを残す